徒花は墓標

つかの間の優美をはかなく散らした花の木が、焼け付くような赤い夕日を受けて庭にひっそりと影を落としている。それはさながらもう手の届かないひとの面影のようで、庭の真ん中に独り佇む彼の心を寂寥感で満たした。 今日もいつもと変わらぬ一日だった。朝は馬に跨がり、王宮殿へ出仕する。執務室で机に向かい、粛々とやるべき仕事をこなす。定刻になれば、また馬に乗って屋敷へ帰ってくる。 屋敷では夫と父としての務めを…

続きを読む

ヒトザル

森は、黒々とした杉の群落と落葉した裸木がまだらに広がっている。下草はその場で立ち枯れ、薬草はもう採れる時期ではなさそうだった。が、分厚い落ち葉の銅鑼灣 髮型屋かさなりの下に、草の根はたくましく生長している。葉を落とした木々の枝には次の春に伸びるちいさな芽が角ぐんでいた。 針葉樹の群落の下に入るととたんに見通しが悪くなる。みっしりと葉をつけた枝と枝が絡まりあい、つる草が顔の前に垂れ下がる。 ト…

続きを読む