ヒトザル

森は、黒々とした杉の群落と落葉した裸木がまだらに広がっている。下草はその場で立ち枯れ、薬草はもう採れる時期ではなさそうだった。が、分厚い落ち葉の銅鑼灣 髮型屋かさなりの下に、草の根はたくましく生長している。葉を落とした木々の枝には次の春に伸びるちいさな芽が角ぐんでいた。 針葉樹の群落の下に入るととたんに見通しが悪くなる。みっしりと葉をつけた枝と枝が絡まりあい、つる草が顔の前に垂れ下がる。 ト…

続きを読む